ヴィヴィアン・ウエストウッドのショーで ジュニアがランウェイデビュー!

ウォルター・ホワイトがダンスフェスに出演したかと思えば、今度はウォルター・ホワイト ジュニアことRJ・ミッテくんが、6/21にヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)のメンズ 2016春夏コレクションでランウェイデビューを果たしました。

rj-mitte-jon-mag
JÓNマガジンのカバーになったRJ・ミッテくん (JÓN Issue 8 ‘PET’ – RJ Mitte Cover)

胸になんか着けてるけど、堂々のデビュー

最近モデルやDJとしても活躍しているRJ・ミッテくんですが、先日ついにミラノのファッション・ショーで堂々のモデル歩きを披露!胸に乳的な何かをつけていますが、そこはアレだ、ヴィヴィアンなんだなっていう。こちらのDaily Mail Onlineの記事には他の写真もいっぱいありましたよー。

ショーのあとだと思いますが、当日ツイッターで「(ヴィヴィアン・ウエストウッドのアカウントを指して)フォローして!僕を(モデルに)使ってくれてありがとう!」とツイートしていました(カッコかわいい自撮りも拝めます)。

「ブレイキング・バッド」で杖をついて歩いているジュニアの姿しか知らないと落差にビックリしますが、実はミッテくん自身もジュニアと同じく脳性麻痺を患っています。とはいえ杖がなくても余裕で歩けるため、ドラマのために杖を使って歩く練習をしたとか。現在は米映画俳優組合の障害がある俳優のスポークスマンにもなってるみたいです。

モデルとしての仕事はこれが初めてではなくて、すでにエリート・モデル・マネジメント(エリート・ロンドン)と契約して、GAPのキャンペーンや雑誌のカバーなど多方面で活躍しています。エリート・ロンドンのミッテくんのポートフォリオページは必見です!こうして改めてみるとイケメンですなあ…。

ちなみにDJとしての腕前?はこちらで聞けますよー→RJ Mitte | SoundCloud


【UPDATE 2015/7/16】ベルリン・ファッション・ウィーク他にも登場

7/8にはベルリン・ファッション・ウィークの2016春夏コレクションでブランド「ソーポピュラー(Sopopular)」の、7/15にはニューヨーク・ファッション・ウィークで「オヴァディア&サンズ(Ovadia & Sons)」のモデルも務めたようです。引っ張りだこですなー。