ブライアン・クランストン主演映画「The Infiltrator」ポスター・予告編解禁【テキトー日本語訳あり】

ブレイキング・バッド」の大ヒット以来映画にドラマに大活躍中のブライアン・クランストンが、またまた主役を演じる映画「The Infiltrator」のポスター・予告編が解禁になりました!

ifiltrator

1980年代に史上最大規模とも言われる麻薬帝国を築いたコロンビアのドラッグ王パブロ・エスコバル。当時アメリカに流れるコカインのほとんどはパブロが”供給”したもので、ドラッグ密売で強大な富と権力を築きました。映画「The Infiltrator」は、このパブロ・エスコバルを捕えるために架空の大富豪を装い組織に潜入、「アメリカ史上最も成功した」と言われるほどの結果を出した実在の捜査官ロバート・メイザーを描きます。メイザー氏ご本人が書いた同名の回顧録がこの映画の原作になっているようです(著者のサイトはこちら→ Robert Mazur)。

去年5月に「The Infiltrator」の配給元が決まったというニュースが報じられ、その後もTwitter(@InfiltratorMov)等でポツポツとプロモ画像が公開されていましたが、昨日やっとポスターが公開になり、予告編も今日公開されました。

関連記事来年公開予定!ブライアン・クランストン主演「The Infiltrator」着々と制作進行中

80年代感漂うポスター。クランストンが渋い…!

ポスターはこちら。あらやだ渋い…!サングラスの感じといい、80年代ですねー。

the-infiltrator
The Infiltrator via IMDb

コピーは「史上最大のドラッグ・カルテルに立ち向かった一人の男の真実の物語」ってなってます。日本版ポスターだとこの文言がドバーン!と大きくなりそうな予感。

タイトルの「Infiltrator」の意味は「侵入者」とか「潜入者」のようですが、日本版タイトルはどんな感じになるんでしょうか(日本公開があればの話)。

監督はブライアン・クランストンも出演した映画「リンカーン弁護士(Lincoln Lawyer)」のブラッド・ファーマン氏。
他の出演者は、主人公のパートナーで潜入捜査官のEmir Abreu役に「キック・アス2」のジョン・レグイザモ、同じく潜入捜査官のKathy Ertz役に「イングロリアス・バスターズ」で女優かつスパイのブリジットを演じたダイアン・クルーガー、「バードマン」のエイミー・ライアンなどなど。

ただ、IMDbを見てもパブロ・エスコバル役のキャストがいないようなので、エスコバルはあまり登場しないのかも…?(予告編に写真はちらっと出てるけど)。

予告編も公開。

こちらが予告編。予告編では潜入するまでの場面が多いんですが、大富豪ごっこ&豪遊クランストンがもっと観たい…!

The Infiltrator Official Trailer #1 (2016) – Broad Green Pictures | Youtube

※この動画には字幕がないんですが(Youtubeの自動生成字幕はアレですし)、クランストンがTwitterにアップした動画にはあったので、テキトー訳と合わせて置いておきますね↓(ホント適当なので間違いがあったらご指摘プリーズ!)

Ev, I’m home. イヴ、帰ったよDid it go OK?うまくいったの?Oh yeah, piece of cake.もちろん。ちょろいもんだPolice! Get on the ground!警察だ!腹這いになれ!Is your undercover done?潜入捜査は終わったの?He’s dead alright.彼(主人公が演じていた男)は無事死んだよWe need to send the message that drugs will not be tolerated.私たちはドラッグを寛大には扱わないと意思表示しなければPolice! Get down!警察だ!跪け!FLORIDA 1986フロリダ。1986年Listen up. Washington wants to make the biggest bust in U.S. history. Pablo Escobar and his main distributor, Roberto Alcaino.よく聞いて。ワシントンはアメリカ史上最大の逮捕劇をお望みよ。標的はパブロ・エスコバルと彼のメインの運び屋ロベルト・アルケイノ(Alcaino)Are you kidding me?冗談だろ?Responsible for eighty percent of the product flooding into the country.この国に流れ込むドラッグの80%は彼らの”製品”なのよPromise me this is the last one.これが最後だと約束してA couple of team changes: Mazur, you’re with Abreu.少しチームを変更するわ。メイザーあなたはアブレウ(Abreu)と組んでThat dude’s nuts!あいつアタマがおかしいぞ!I know these people. You gotta play with them, You gotta drink with them, You gotta do whatever you gotta do, man!俺はあいつらを知ってる。お前はあいつらとつるんで、一緒に飲んで、やるべきことはなんでもやるんだぞ、おい!Meet your soon-to-be wife.あなたの”婚約者”を紹介するわDamn, I need a fiancee!くそっ、俺も婚約者が欲しいよHow many undercovers has she done?彼女はどれくらい潜入捜査の経験があるんだ?It’s her first one. But she was at the top of her class.初めてよ。でもトップクラスだったわYou don’t have to worry about me. I’m a big girl.心配しないで。私は大人よOne wrong word (Here we go), One slip…一つの失言も…(始めるぞ)一つのミスも…My friends, welcome to the United States!友よ、アメリカ合衆国へようこそ!Based on the true story事実に基づく物語In my business, nothing good ever comes in the absence of trust. Without it there is no loyalty. When there is no loyalty, it never ends well.私のビジネスでは信頼関係がなければ何事もうまくいかない。信頼がなければ忠誠もない。忠誠がなければ、絶対にいい終わり方はしないTHIS SUMMER GO INSIDE THE BIGGEST DRUG STING IN HISTORYこの夏、史上最大の麻薬潜入捜査を体感せよThis was an audition. You got the part.これはオーディションだ。お前は合格だ

ただ、この「The Infiltrator」、アメリカではこの7月15日から公開のようですが、日本に来るのか、来るならいつなのかはいまのところ全く不明。配給元が比較的新しい会社のようなので全国ロードショーとなるかどうか…。DVD/Blu-rayだけでもいいから出して欲しいー!

余談ですが、この映画では敵役となるパブロ・エスコバルが主人公の海外ドラマ「ナルコス」(Netflixでシーズン1配信中)もすごく面白いのでオススメです。映画と合わせてみると両方の立場がわかって面白いかもしれませんね。

【追記】この映画を紹介しているところでいくつか「麻薬捜査官」って書いてあるのを見たんですが、実際のメイザー氏はDEA的な麻薬専門の捜査官ではなく所属はU.S. Customs(たぶん合衆国税関・国境警備局のことかと)で、どちらかというと脱税捜査のほうみたいです(けどガッツリ「DEA」って書いてある記事も結構あるので映画はそうなのかも…?)。

【UPDATE 2016/5/27】予告編 第二弾公開

予告編第二弾が公開されました。第一弾にはなかったシーンも追加されてます。

THE INFILTRATOR Trailer # 2 (Bryan Cranston, Drug Movie – 2016) | Youtube