人間の成分を合計しても0.111958%足りない…ことはない【重箱の隅】

劇中では「人体を構成するすべての要素を足しても、0.111958%足りない」と言っていますが、本当にそうなんでしょうか?

ウォルターによると人体を構成する化学物質は以下の通り(モル単位)(モル単位が何かは聞かないでください…)。

水素(H)63%
酸素(O)26%
炭素(C)9%
窒素(N)1.25%
カルシウム(Ca)0.25%
鉄(Fe)0.00004%
塩素(Cl)0.2%
硫黄(S)0.050002%
ナトリウム(Na)0.04%
リン(P)0.19%
合計99.980042%

※塩素と硫黄はセリフにはないけど、黒板に書いてあります

合計は上に書いてある通り何度計算しても「99.980042%」なんですが、劇中では「99.888042%」と言ってますので、これはたぶん計算間違いかなと。

blackboard
塩素(Cl)と硫黄(S)も黒板には書いてある

計算違いだとしてもにコンマ何%か足らないのは確かなので「やっぱり魂?」となるところですが、実際には違うようです。というのも、人体を構成している化学物質は全部で29種類あるそうですが、ここでウォルターとグレッチェンが計算したのはわずか10種類。他の19種類はビックリするほど量が少ないものの存在するので、全部足すと100%になるようです。(詳細はこちらのサイトが詳しかったです → 人間の体と元素

ノーベル賞にも関わったことがある知識レベルのウォルターですが、この計算をしたのは学生の頃のようですし、まだ勉強中だった、ってことで。

ちなみにこのウォルターとグレッチェンのシーンはウォルターがまだ学生だった1985年〜1989年頃のものと思われるので、「ブレイキング・バッド」全編を通じて年代的に一番古いシーンになっています。