"シーズン2" に関するトリビア : 18件見つかりました

トゥコを演じたレイモンド・クルス「早くトゥコを殺してくれ」と頼んでいた

数エピソードしか登場していないにもかかわらず、強烈な印象を残したトゥコ・サラマンカ。実はもっと長く活躍する予定だったのに、演じた役者の希望で退場が早まったようです。

続きを読む

シーズン2ラストにそっくり、しかも「ウォルター・ホワイト」が関わった事故が実際にあった

1980年代に「ブレイキング・バッド」シーズン2ラストの「あのシーン」にそっくりな事故が実際に起こっていたようです。しかもその事故に関わったある男性の名前は「ウォルター・ホワイト」。

続きを読む

スプージに殺された店員はウォルターの元同僚ヒューゴさん?

S2E6「イナイ・イナイ・バァ」で、ジャンキーのスプージはATM強奪について「目撃者も被害者もゼロだ」と説明していますが、実際には犠牲者が出ていました。しかもこの犠牲者、よく見るとウォルターの元同僚ヒューゴさんにとても良く似ています。

続きを読む

スプージを演じたデイビッド・ユーリは日本語ペラペラ

嫁と組んでスキニー・ピートからブルー・メスを騙し取ったジャンキー男、通称「スプージ」を演じたデイビッド・ユーリ(David Ury)さん、実は日本に住んでいたこともあり日本語ペラペラのようです。

続きを読む

テッド・ベネキーは、本人登場の数エピソード前にもチラッと登場していた

スカイラーの元上司でなにやら微妙な関係だったと思われるテッド、実は本人登場の数エピソード前にこっそり登場していました。

続きを読む

ウォルターは何故グレッチェンと別れ、グレイマターを辞めたのか?

ウォルターとエリオット、グレッチェンの3人が大学院時代に創設し、のちに大成功した会社グレイマター・テクノロジー。劇中では何故ウォルターがグレイマター社を去ったのかが明確になっていませんでしたが、製作者ヴィンス・ギリガンによると理由は「ウォルターの劣等感」のようです。

続きを読む

マイクというキャラクターは、スケジュール上の都合で生まれた

S2E13「アルバカーキ」で初登場、その後どんどん存在感を増していったキャラクター、マイク・エルマントラウトですが、なんと彼の誕生した理由は単なるスケジュール上の都合だったようです。

続きを読む

ジュニアが作った募金サイト「SaveWalterWhite.com」は実在する

「ブレイキング・バッド」では劇中に出てくる電話番号が実際に通じたり、ジェシーのMyShoutページやソウルの公式サイトが存在したりというお遊びがちょくちょくありますが、ジュニアが作った募金サイト「ウォルターを救えドットコム(SaveWalterWhite.com)」も実在します。

続きを読む

ウォルター失踪時のチラシの実物がダウンロードできる

ウォルターが失踪した時、スカイラーやマリー、ジュニアたちが配っていたチラシの実物(?)が「ブレイキング・バッド」を放送したケーブルテレビ局AMCのサイトにありました。

続きを読む

【シーズン2エピソード1 737】よくある質問【FAQ】

「ブレイキング・バッド」シーズン2エピソード1に関するFAQ。ネット上でたびたび質問されたり、議論になったりしていることについてまとめてみました。

続きを読む

絞り込み検索

キャラクター名 (50音順)