スプージを演じたデイビッド・ユーリは日本語ペラペラ

嫁と組んでスキニー・ピートからブルー・メスを騙し取ったジャンキー男、通称「スプージ」を演じたデイビッド・ユーリ(David Ury)さん、実は日本に住んでいたこともあり日本語ペラペラのようです。

david-ury-spooge

大学時代に日本に住んでいたというデイビッドさん、日本語に堪能なだけでなくなんと日本の本(漫画含む)を150冊以上も英訳しておられるとか。もちろん日本語もペラッペラで、Youtubeでは「helpmefindparents(両親を探すのを手伝ってください)」というアカウントでたくさんのジョーク・ビデオを投稿しています。アカウント名の通り「幼少時に神戸在住の日本人夫妻の元に養子としてもらわれ、今はアメリカに住む本当の両親を探している田中ケン」という設定のようです。

こちらが一作目。日本語なまりの英語が上手すぎてイラっときますねw

(#1)Ken Tanaka Video Blog #1 Introduction 自己紹介 – helpmefindparents | Youtube

Youtubeにたくさん動画を投稿しているうちに、アメリカ人の俳優デイビッド・ユーリさんにすごく似てると言われたので会いに行ってみたよ!というビデオ(いや、本人だから…)。話してみたらなんと生き別れの双子の兄弟だったことが判明!(…)
これ以降デイビッドさん本人もたびたび出てきます。

#13 Ken Tanaka meets David Ury. デビットユーリと田中けん*出会い – helpmefindparents | Youtube

たっくさんある動画のなかでもアジア系アメリカ人のあるあるを描いた「What kind of Asian are you?」はかなり話題になったようです。また、日本でも以前「差別の国:日本?」という動画が話題になったそうなので、ご覧になった方も多いかもしれません。

TOCANAによる田中ケンとデイビッド・ユーリのお二人(?)のインタビューはこちら↓
「日本人の人種差別動画」で人気のYouTubeスター、David とタナカ! 実は、生き別れの双子だった? ~史上最高に謎のインタビュー~ | TOCANA

肩書きは「俳優、コメディアン、監督、脚本家、絵本作家…」

デイビッドさんは俳優だけでなくコメディアンとしても活躍していて、脚本を書いたり監督をしたりもする多彩な人物。日本語の本を英訳されていることは既に書きましたが、なんと「田中ケン」名義で絵本も出版しているようです。「Everybody Dies」という大人向け絵本で、日本のAmazonでも売ってます。「なか見!検索」で中身も見られますよー。かなり好きな絵だ…。

絵本のCMに「ブレイキング・バッド」のキャストが登場!

しかもこの絵本「Everybody Dies」のCM(トレイラー)には「ブレイキング・バッド」でスキニー・ピートを演じたチャールズ・ベイカーと、シーズン3で登場する双子の殺し屋の一人マルコ・サラマンカ役のルイス・モンカダが登場しています!仲良しで和みますよー。幽霊に怯えるピートがカワイイ。同じく二人が登場する別バージョンもあります。

Everybody Dies Book Trailer “Rest In Peace” (With Breaking Bad Cast) – davidury | Youtube

スプージは元々救急救命士だった?

俳優としては圧倒的に「変人」役が多いというデイビッドさん、ジャンキーを演じるのも「スプージ」が初めてではなかったそうです。RedditのAMA(Ask Me Anything)によると、「Montana Meth Project」というドラッグ撲滅運動のための広告やドラマ「ER」でもジャンキー役を演じたとのこと(残念ながら「ER」の登場シーンはカットされてしまった模様)。

例のATMのシーンで頭を潰されたのはスタントマン

atm

Reddit AMAでは、「スプージ」の頭をATMが直撃する例のショッキングなシーンの撮影についてたびたび質問されていました。デイビッドさん曰く、あのシーンはご本人ではなくスタントマンが代わりに横になってくれたのだそうです。「ATMが倒れてきたら頭をかわせるよう(スタッフが床に)穴を掘ってくれたんだ。さらに(念のため穴の周りに)砂袋も置いてくれた。でもどーーしても怖くてね。結局実際にATMを倒すシーンではスタントマンが横になってくれたんだ」。

また、「スプージ」のメイクにはなんと3時間もかかったとのこと(変色した肌とか歯茎とか)。メイク室を出ると警備員に「ここにいちゃダメだ」と言われたそうで「メイクさんいい仕事したな」と思ったそうです。プロだー。

「スプージ」がメス・ジャンキーになる前の人物設定についても質問されていました。特にスタッフから説明等はなかったようですが、デイビッドさん本人は「スプージ」がジェシーに殴られて頭が痛いと訴える際のセリフで硬膜下血腫(= subdural hematoma。日本語字幕では「脳の血管が切れた」になっている)と言っていることから、元々は救急救命士とか看護師だったのではないかと考えているそうです。

可愛らしいスプージの息子は二人の双子が演じていた

carr-brothers-spooge-son

同AMAでは、スプージの息子を演じた男の子について「彼は現場で何をやってるか理解していたの?」とか「泣いたりしてなかった?」と心配する声も多かったようです。小さな子供に何時間も演技をさせることはできないため、スプージの息子はディラン・カーブランドン・カーという双子の兄弟が交代で演じたようですが、二人とも別室にいて特に怖がったりということはなかったとのことでした。よかったよかった。

Comments コメント

4件のコメントがあります。読む

  1. Anonymous Pinky 2016/5/16 10:55

    いつも情報をありがとうございます。楽しみに拝見しています。
    それにしても、このスプージさんの息子といい、ブロック、ホリー(まだ赤ちゃんですが)すべて、子役の使い方が上手だなと思います。どこかの国の様にわざとらしい演技はさせないし。
    子役の使い方で制作者の力量が判るというものです。
    ところで、スプージさんの息子が毛布にくるまれてジェシーに外階段に置かれ、カメラが引いていく場面、フェリーニの「道」(ジェルソミーナが置き去りにされる場面)を思い出したのは私だけでしょうか。

    • Anonymous BBFJ(管理人) 2016/5/21 11:10

      はわわわわ、承認&返信がすごーーーく遅くなってしまって申し訳ありません…!(´・ω・`)
      コメントありがとうございます!

      日本の子役さんたちはすごく「作られたもの」感がありますよねー。
      スプージさんの息子ちゃんは自然で可愛くて、息子ちゃんを見るジェシーもいい表情ですごく好きなシーンです。
      恥ずかしながらフェリーニの「道」観てないんですが、最後のシーンは切ない…。
      初見の時「え、まさか連れて帰っちゃう!?」って思ったけど、あの結果でホッとしたような悲しいような。

  2. Anonymous 通りすがりの人 2016/5/13 12:40

    し、知りませんでした・・・

    • Anonymous BBFJ(管理人) 2016/5/16 09:00

      コメントありがとうございます(*´∀`*)
      実は私もつい最近まで知りませんでしたー。
      デイビッドさんの動画は話題になった時に見た覚えがあるんですが、この人がスプージさんとは夢にもw

※コメントは承認制です。