「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者「ブレイキング・バッドのウォルターは誰よりも恐ろしいモンスターだ」

大人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作者ジョージ・マーティン氏が、自身のブログで「ブレイキング・バッド」を絶賛して話題になったことがあります。

game-of-thrones-walter-white
「ゲースロ」界の「鉄の玉座」に座るウォルターのコラ。どちらも人気ドラマだけに、ファンによるマッシュアップが大量に作られています

予想できないストーリー展開と魅力的なキャラクターで大人気の海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」。この「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作「氷と炎の歌」の作者であり、製作総指揮・脚本も務める作家ジョージ・R・R・マーティン氏が、「ブレイキング・バッド」のシーズン5「オジマンディアス」の初回放映翌日(2013年9月16日)、自身のブログに「Breaking Bad」というタイトルの投稿をポストしました

「素晴らしいシリーズ。昨夜のエピソードは素晴らしかった。ハラにパンチを食らうとはまさにこのこと。ウォルター・ホワイトはウェスタロスの誰よりも恐ろしいモンスターだ。これはなんとかしなくちゃ」。※ウェスタロスは「ゲーム・オブ・スローンズ」に登場する架空の大陸

Amazing series. Amazing episode last night. Talk about a gut punch.
Walter White is a bigger monster than anyone in Westeros.
(I need to do something about that).

「ゲーム・オブ・スローンズ」にも強烈かつ恐ろしい人物が多々登場するんですが、それらの人物を生み出したマーティン氏でさえ、ウォルターの怪物ぶりは恐ろしいと感じたんでしょうか。

マーティン氏はさらに続けて「今シーズン(シーズン5後半)が対象になる来年のエミーでは、どんな作品も『ブレイキング・バッド』に勝つことはできないだろう」とも言っています。スゴい褒め言葉ですね。絶賛と言っていいと思います。

george-r-r-martin
コミコンでのマーティン氏。かわいらしいおじちゃんなのにあんな鬼畜物語を…(via Wikimedia

海外ではこの投稿がすぐに話題になり、「ジョージ・マーティンはヴィンス・ギリガン(『ブレイキング・バッド』の製作者)に白旗を振った」(Vanity Fair)、「『これはなんとかしなくちゃ』だって!?ダメダメ!『ゲーム・オブ・スローンズ』と『オジマンディアス』をブレンドしたら、視聴者はTVの前で失神してしまう」(Variety)などなど、あちこちのエンタメ系サイトの記事になったようです(日本でも → 海外ドラマNAVI)。

マーティン氏の予想通り、翌2014年「ブレイキング・バッド」は29部門にノミネートされ、作品賞はじめ6部門を受賞して圧倒的強さを見せました(最終シーズンのノミネート数では歴代最多)。
関連記事「ブレイキング・バッド」の受賞歴

また、その後「ゲーム・オブ・スローンズ」も2年連続で歴代最多受賞という快挙を成し遂げ、2016年現在、史上最も多くエミー賞を受賞したドラマシリーズになっています。

絶賛されたヴィンス・ギリガンの反応

大人気ドラマの原作者に絶賛された形になったヴィンス・ギリガンですが、2015年にギリガンがRedditの「AMA(Ask Me Anything)」に登場した際、このマーティン氏のブログ記事について聞かれ、こう答えています

「ジョージ・R・R・マーティンのコメントは確かに絶賛と受け取った。でも隣の芝生は青く見えるものだ。だって純然たる悪っていう話なら、僕は若きジョフリー王をウォルター・ホワイトと戦わせたかもしれない。彼はかなり強烈だからね。でもジョージ・R・R・マーティンほどの才能ある作家が『ブレイキング・バッド』について考えてくれるのは、それがどんな形であれ、僕は嬉しいよ

いつもながら控えめな人だ…。Redditorたちは「その対決は観たい!けど怖い!」「ウォルターは普通の人間のふりをして普通に暮らしてるところが恐ろしいんだよね」「でも、ラムジー(※)は?」と盛り上がっていました。※「ゲーム・オブ・スローンズ」界でもダントツの鬼畜キャラ

「ゲーム・オブ・スローンズ」の他の製作者も「オジマンディアス」の評価を気にしていた

マーティン氏が賞賛を送った「ブレイキング・バッド」のエピソード「オジマンディアス」は、映画やドラマのデータベース&評価サイト「IMDb」で、現時点で最も高評価を得ているTVドラマのエピソードです(10点満点中10点)。

マーティン氏だけでなく、「ゲーム・オブ・スローンズ」製作総指揮のデイヴィッド・ベニオフD・B・ワイスもこの評価を超えられるかどうか気にしていたようで、自信作「落とし子の戦い」(シーズン6)の放映後にはIMDbを何度もリロードして確認したのだとか。一時は10点満点だったものの、その後惜しくも9.9点に。ワイス氏は「ライアン・ジョンソン(オジマンディアスの監督)がIMDbに25000個くらいアカウントを作って評価を落としたんだと思う」とジョークを言っています。

Somebody screwed us, I think Rian opened over 25,000 IMDb accounts and just voted us down.
walter-white-walker
こちらもファンによるコラ画像。ウォルターと「ゲースロ」のホワイト・ウォーカーを合体させた「ウォルター・ホワイト・ウォーカー」(via Reddit

ちなみに、現在IMDbで9.9点と評価されているTVドラマのエピソードはいくつかありますが、そのうち2つが「ブレイキング・バッド」の「フェイス・オフ」と「フェリーナ」、3つが「ゲーム・オブ・スローンズ」の「落とし子の戦い(S6)」「堅牢な家(S5)」「キャスタミアの雨(S3)」になっています。
Highest Rated TV Episodes With At Least 1000 Votes | IMDb

「ゲーム・オブ・スローンズ」はシーズン8までの製作が決定しているので、最終シーズンまでには「ブレイキング・バッド」の評価を超えるかも?BrBaファンとしてはちょっと寂しい気もしますが、一方でそうなっても当然だという気もしてます。だって本当に面白いから。

「ブレイキング・バッド」を観てから海外ドラマにすっかりハマり、話題になったドラマは片っ端から観ていますが、今のところ「ブレイキング・バッド」と同じくらい続きが気になったのはこの「ゲーム・オブ・スローンズ」と「ミスター・ロボット」だけです(私的に)。