【最終話】ウォルターは何故ジェシーにもらった時計を置いていったのか

最終話「フェリーナ」で遂にアルバカーキに戻ったウォルターは、ジェシーからもらった時計を公衆電話の上に置いていってしまいます。何故こんなことをしたんでしょうか?

final-watch

長いことニューハンプシャーの山奥に隠れていたウォルター。ジュニアの言葉にショックを受けて一度は出頭を考えますが、TV番組に出演していたシュワルツ夫妻を観て考えを変え、アルバカーキに戻ってきます。公衆電話である人物に電話した後、ウォルターはその電話の上に、ジェシーから誕生日プレゼントとしてもらった時計を置いていってしまいます。何故なのか?

【関連記事】ジェシーがウォルターの誕生日にあげた時計のブランドは?おいくら万円?

製作者のヴィンス・ギリガンが、最終話放映後の「Talking Bad」(「ブレイキング・バッド」のエピソードについて語るトーク番組)で語ったところによると、このシーンは主に以前撮影したシーンとの連続性の問題を解消するため追加されたようです。

ギリガン曰く「僕らは(最終話より)かなり前にシーズン5エピソード1のティーザーシーンを撮影していた。ウォルターがデニーズにいて、ベーコンで『52』を作るシーンだね。その時ウォルターは時計をしてないんだ。
その(ティーザーを撮影をした)後、僕らはジェシーとの楽しいシーンを思いついた。ウォルターの51歳の誕生日に、ジェシーがウォルターにカッコいい時計をあげて、その後彼はずっとそれを身に着けてるんだ。(最終話制作の前に)それに気付いて『ああー、これはちゃんとしとかないと』って」。※毎度の超訳すいません

実際S5E1のティーザーを観ると、ウォルターは長袖の上着を着たままなので「袖に隠れてるだけ」と言えないこともないんですが、例えば上の写真のシーンでは、さすがに時計してたら見える…かな…?

そもそもこんな細かいところに気づく人はあんまりいないと思うんですが、海外の「ブレイキング・バッド」の熱心なファンはツッコミが細かすぎて恐ろしいほどなので、ギリガンもそういうコアなファンの期待に応えてちゃんと「辻褄合わせ」をしたんだと思います。

ただ、辻褄合わせではあるものの、物語上の整合性もちゃんと取れているようです。「彼はずーっとそれを身に着けていたんだけど、自分が終わりに向かってると知ってた。電話を切って、時計を目にして、気付いた。今となっては敵になってしまった男、これをくれた男のことを思い出し、もう必要ないと思ったんだね。だから外して、置いていったんだ」