【ズッ友】政界に進出するゴメスをハンクが応援!

「ブレイキング・バッド」でハンクを演じたディーン・ノリスが、相棒ゴメスを演じたスティーブン・マイケル・ケサダ氏の選挙活動の応援のため、先週アルバカーキに駆けつけたようです。

hank-gomie
「ブレイキング・バッド」s1e3「人間の成分」より ©AMC

スティーブン・マイケル・ケサダ(Steven Michael Quezada)氏がニューメキシコ州ベルナリオ郡の郡政委員へ立候補を表明したことは以前ニュースに書きましたが、その後、海外のニュースサイトではハンク(ディーン・ノリス)とソウル(ボブ・オデンカーク)が資金調達係としてこの選挙活動を応援することになったと報じられていました(現在リンク切れ)。

また二人が一緒のところが見られるー!と楽しみにしていたところ、ついに先週の9月24・25日、ディーン・ノリスが実際にアルバカーキへ応援に駆けつけたようです。

「ブレイキング・バッド」でも相棒だったディーンとスティーブンは共演以降も個人的に親しくしているようで、ディーン・ノリスはこれまでも自身のTwitterアカウント(@deanjnorris)で何度か応援メッセージをつぶやいていましたが、当日もゴミーとのツーショットをUPしてくれました!

ディーン・ノリスはアルバカーキの住民に、まず選挙に参加するための有権者登録をするよう訴えたようです(アメリカでは日本のように住民票があれば自動的に選挙に参加できるわけではなく、まず有権者登録というのが必要だそうです)。ディーン曰く「みんな有権者登録もせずに政治に対して文句ばかり言ってるけど、登録こそが物事を正しく進める最初のステップだ」とのこと。

その後、有権者との会食やゴルフコンペにも出席してスティーブンを応援しまくったようです。参加した人、楽しかったろうなあ…。スティーブンのFacebookには参加者が撮った写真もたくさんUPされていました。

スティーブンは以前ニューヨークポストのインタビューに「ハリウッド・セレブの友人を応援に利用してる?そうだよ、競争に勝つために自分が使えるものは使うよ」とハッキリ答えていて、わーぶっちゃけるなーと思ったんですが、今回も変わらず「選挙に人々の目を向けるためには『ブレイキング・バッド』やTV、メディアのパワーを利用するのはとても大事なこと」と言っていて、すごく正直でいい!と思いました。

スティーブン・マイケル・ケサダは4人の立候補者の一人で、選挙は来年行われる予定だそうです。がんばってー!

関連記事:ゴメス政治家になるの?スティーヴン・マイケル・ケサダが郡政委員に立候補

【UPDATE 2015/10/2】ハンク&ゴメス、Periscopeでもアピール

periscope

iPhoneの写真整理してて気づいたんですが、そういえば9月25日の朝方(アルバカーキでは24日の夕方)に、ライブ配信アプリ「Periscope」でディーン&スティーブンの短い配信がありました。ただでさえ英語聞き取れない上にワンコの散歩中だったので、スクリーンショット撮るのがやっとでした。しかも折角スクリーンショット撮ったことをすっかり忘れてた…ので、遅ればせながら&あんまりキレイな画像じゃないですが、貼っておきます。

ちなみに9月28日にスティーブン一人で配信してた時、恐る恐る「日本からですー」ってコメントしたら「おー日本ー」って言ってくれました!そんだけだけどすっごい嬉しかったし!Periscope、アーロン・ポール君がちょくちょく配信してたりして面白いですよ。オススメ。

アプリはこちら → みんなが見てる世界を見てみよう Periscope