"ブレイキング・バッド全般" に関するトリビア : 31件見つかりました

撮影に使われた「ブルー・メス」は青いロック・キャンディ

ハイゼンベルクの「ブランド」であるブルー・メス(Blue Sky)ですが、実際の撮影現場では当然メタンフェタミンは使えないので、代わりにキャンディが使用されていました。

続きを読む

ブライアン・クランストンは殺人の容疑をかけられたことがある

人気ポッドキャストWTF Podcastのインタビューによると、ブライアン・クランストンがレストランで働いていた頃、その店のシェフが殺害され、クランストンに殺人の容疑がかけられたことがあるそうです。

続きを読む

ブレイキング・バッドのヒット後、実際にブルーのメスが出回るようになった

ウォルター・ホワイトもといハイゼンベルクの「ブランド」であるブルーメス。「ブレイキング・バッド」のヒット後、舞台となったニューメキシコを始め各地で実際に青いメタンフェタミンが発見されているようです。

続きを読む

【大人限定】ブレイキング・バッドのポルノ版パロディがある【18禁】

「ブレイキング・バッド」のパロディは数限りなく量産されていますが、なんでもパロディにしちゃうポルノ業界がこの人気ドラマをほっとくわけがなかったです…。

続きを読む

【悪用】ブレイキング・バッドで描写されている通りにやってもメスは作れない【厳禁】

「ブレイキング・バッド」ではよくも悪くも化学を活用するシーンが多々ありますが、劇中の化学の描写、特に"悪用されそうな化学"の描写は、少しずつ間違いを含んでいることが多いようです。

続きを読む

「ブレイキング・バッド」は「ウォーキング・デッド」の前日譚だった!?【イースター・エッグまとめ】

「ウォーキング・デッド」は「ブレイキング・バッド」と同じ米AMCで放映中の大人気ゾンビ・サバイバル・ドラマですが、その「ウォーキング・デッド」と「ブレイキング・バッド」の世界がつながっているかもしれない「証拠」を熱心なファンがいくつか発見しているようです。

続きを読む

2014年版「ゴジラ」に「ウォルター・ホワイト」のイースター・エッグが隠されている

「ブレイキング・バッド」終了後、ウォルター役のブライアン・クランストンが初めて出演した映画といえば「ゴジラ(Godzilla)」ですが、実は映画のオープニング・クレジットに一瞬「ウォルター・ホワイト」の文字が見えます。

続きを読む

麻薬王 “ウォルター・ホワイト”は実在する(しかも二人)

「ブレイキング・バッド」の放送が始まった2008年に「調理人」のウォルター・ホワイトが、終了した2013年には「ディーラー」のウォルター・ホワイトが、それぞれ逮捕されています。

続きを読む

イントロで表示される文字「C10H15N」はメスの化学式

「Breaking Bad」のタイトルは、周期表が前方から画面後方に飛んでいき「Br」と「Ba」が残る形で表示されますが、その周期表が出てくるより少し前にチラッと映る文字はメタンフェタミンの化学式です。

続きを読む

スペイン語リメイク版の「ブレイキング・バッド」が存在する!

タイトルは「メタスタシス(Metástasis)」。「転移」という意味だそうです。ソニー・ピクチャーズ・テレビジョンがアメリカのスペイン語テレビ局「ユニビジョン(Univisión)」と組んで制作した「正規の」リメイク版で、セリフのひとつひとつ、シーンのひとつひとつまでほぼオリジナルのままのようです。

続きを読む

絞り込み検索

キャラクター名 (50音順)